By | 2017年12月28日

ワキガかもしれないという思い込みに注意

自分の脇の臭いに悩まされている方は少なくないはずです。中にはワキガの知識がないにもかかわらず、自分がワキガかもしれないと思い込んでしまっている方もいると思います。その思い込みが原因で自分に自身が持てなくなったり、誰にも相談できずに一人で悩んでいる方もいるはずです。ワキガはセルフチェックすることもできますがあくまで簡易検査なので、脇の臭いで深刻に悩んでいるという方は専門の医師に一度相談してみることも大切です。

ワキガ治療での病院の選び方

脇の臭いが気になるけど、何科を受診したらいいのか分からないという方も多いと思います。ワキガは皮膚科・形成外科・美容外科・美容形成外科で診察してもらうことができますが、病院により診察や治療法は異なります。皮膚科は塗り薬や飲み薬を使う治療が多くなりますが、病院の規模によりレーザー治療などを受けられる所もあります。美容外科や美容形成外科に比べ行きやすいことから、ワキガの治療では皮膚科を受診する方が多くなります。形成外科・美容外科・美容形成外科は、基本的には手術を中心とした治療になります。手術の方法は様々なので、治療にどれくらいの期間や費用が必要になるのか事前に調べておく必要があります。またワキガの治療により保険が適用されるものとされないものがあるので、まずはカウンセリングを受けてからどの治療を受けるべきかしっかり判断することが大切です。どこの病院を選ぶにしてもワキガの症状でお悩みの場合は、専門家に診てもらうことが大切です。

子供のわきがは汗腺への過剰な刺激が主な原因なので、保護者が暮らしの中で発症を防ぐことが大切です。わきを洗う際に強く擦るのが発症に繋がるので、入浴の際は注意して洗うように心がけます。